空を見上げて

ふと思ったことや日々の生活でのできごとなどを気が向いた時に。

でも、目標があって努力するのもいい。

 

「あの曲を演奏できるようになりたい!」
と、一所懸命に練習したり、

「あの山を歩きたい!」
と、下調べをしたり準備をしたり。

そういうのは いいな。

 

f:id:pft78526:20190515210335j:plain



原動力になっているものが、
「不安や恐怖心」でなく
「ドキドキ・ワクワク」であること。

・・・なのかもしれない。( ´艸`)

 

目標を持って努力する、でなくてもいいかな。



趣味でジョギングをし、市民マラソン大会に参加していた頃は、
 「次の大会の目標を設定し、
  その目標を達成するための課題を見つけ、
  課題を克服できるように努力しよう」
 「自分自身に勝てるように がんばろう」
という感じで日々を過ごしていました。

いえ、
子どもの頃から 何かしらの目標などに向けて頑張らなきゃ!
という中で過ごしてきたのかもしれません。

それが・・・

山歩きをするようになってからは、
「別に 目標は無くてもいいかな」
と いつの間にか思うようになりました。

 

f:id:pft78526:20190427134837j:plain



「目標に向かって努力する」のが「良いこと」
のように過ごしてきたのですが、
「何かに向かって努力する・頑張る」というココロとカラダの使い方を
変えたくなったのでした。
( もちろん、仕事などでは 目的・目標のもとに行動したりしますが。)

 
・・・何か目標が決まって それに向かって努力していると、
   そんな自分にアドバイスして下さる方や
   自分を助けて下さる方に出会う。
   そして
   そんな出会いに支えられながら また頑張る・・・

と感じながら過ごしてきたし、
これからも そんなふうに過ごしていこうと思っていました。
そして
そんな中で  自分が少しずつでも成長していけるように思っていました。

でも、

「努力をしていなくても、がんばっていなくても、いいんだ」
と思うようになったのです。


「ふわふわ・ホワホワと漂うように?過ごしていたい」というか・・・。

 

f:id:pft78526:20190427134954j:plain


 

 「がんばる」より「ゆるめる」ことで 
  もっと自分らしい自分になれるような・・・
  自分の奥にあるものと繋がれるような・・・

そんな感じがしているのかもしれません。

 

仕事では どうしても頑張らざるをえないことがあるし、
山歩きをすれば 急な坂を頑張って登ることもありますが、(;^ω^)

普段の心持ちとして。

 

 

わたしがいるところ

 

何かに夢中になっている時・・・
ワクワクしている時・・・
子どものような気持ちで過ごしている時・・・

そんな時の私が いちばん私らしい私なのかもしれないなぁ
と思います。

自分のココロやカラダの真ん中と繋がっているような感覚になって。
他の誰かや何かと比較することもなく、ただ そのままの私でいて。


だから
自分の好きなことをしている時のココロやカラダの中に
「わたし」がいるんだなぁ・・・と思うのです。

 

私が今 いちばんワクワクするのは・・・
やっぱり山を歩いている時でしょうか。

f:id:pft78526:20190420160551j:plain

特に、
景色を眺めながら コーヒー&スイーツでまったりしてる時かな。( ´艸`)